殺菌・消毒

カテゴリー

パンデミック対策用抗菌マスク HYPER GUARD

現在のマスクの認識とその実情について

マスクは掃除機の集塵フィルターと同じで一日中マスクを交換しないで使用していた場合、 マスクの表面には膨大な量の塵や挨、 細菌やウィルスが捕集されていることになります。
もし、そのことに気づかず無意識にマスクに触れた手で、目鼻をこすり、手すりやドアノブなどに触れたならば、自らも高い確率で感染し、同時に大切な家族や友人にまで病気をうつしてしまうことになります。
これでは不潔な場所を俳し、病原菌を媒介する衛生害虫と同じとなるため、 それ故、 医療現場では医師は診察ごとにマスクを取り換え、 それ以外の現場でも最低1日に5回~6回はマスクを交換することは常識とされ、 しかも、 病原園で汚染された恐れのあるマスクは、注射針や防護服と同様に滅菌し、医療廃棄物とし厳重に処理することが法律で義務づけられています。従って、この度、 世界保健機関 (WHO) の新型コロナウィルスの非常事態宣言を重く受け止め最大級の警戒が必要なことから、医療現場と同じ意識レベルで、 マスクの使用法や処理を徹底しない限り予防のはづのマスクが返って感染源となり、 感染拡大を誘発する危険性があります。また、マスク不足の苦内の策として、繰り返し洗えるガーゼや布製のマスクの使用が広まっていますが、 感染予防の観点から、そのような素材のマスクでは、残念ながら髪の毛の太さの直径上に5000個も並ぶと云われるウィルスを遮蔽し、己の身を守ることは到底不可能であるということも認識すべきです。

うつらない。うつさない!! 抗ウィルスマスク!!

本製品は、三層構造のフィルター全てに抗菌剤を含浸させているため、表面に付着した病原菌はもとより、咳や、くしゃみにより内側に付着した病原菌も死滅させる効果があります。 この効果は国立広島大学において既に検証済みであり、同時に海上自衛隊からも数ある抗菌剤の中で、 その即効性と安全性から唯一無二の抗菌剤と評価され、2006年より艦船に採用されている技術でもあります。 (類似の抗菌剤はウィルスが死滅するのに平均1時間以上はかかる。)従って、頻繁に交換しなければ感染を拡大してしまう通常の使い捨てマスクとは違い、本製品は抗菌作用によりマスクの表面は衛生的で、しかも同梱の抗菌剤1日に1回~2回スプレーすることで数日連続使用が可能になります。 このことからも如何に通常の使い捨てマスクにくらべ機能性が高く、経済的にも優れている製品かご理解頂けることと思います。

  • ※抗菌剤は、付属のマイクロミストで約50~60回程度使用できます。
  • ※マスクを縦にして20cm以上は離してスプレーしてください。
  • ※汚れた場合は、熱湯に浸け置き、乾いた後に同様にスプレーして下さい。
  • ※マスクの連続使用は2~3日を目安にして下さい。
  • ※不活化剤が含浸されていないマスクにスプレーしても効果はありません。

HYPER GUARD 高機能除菌消臭剤

JICA -国際強力機構推奨品
nano高機能除菌消臭剤

人体と同じ殺菌成分

あらゆる細菌の撃退法の中で、生命が行っている撃退法ほど、安全かつ完壁なものはありません。細菌やウィルスが体内に侵入すると、免疫を担う好中球が酵素代謝を活発に行い、複雑な工程を経て、「HOC1」という物質を作ります。ところが、この物質は微弱であるにも関わらず、非常に分子が小さい為に如何に強靭なバリアで守られた細菌であっても、易々とバリアを貫通し、瞬時に細菌を死滅させることができます。このようなパラドックスともいえる巧妙な生命の殺菌のメカニズムを応用し、好中球万能かつ安全な「体内と同じ殺菌成分」の合成を行い、製品化したものがHYPERGUARDです。

ハイパーガードの特徴

  • 臨界技術でナノ化し、活性を高めた除菌·消臭水
  • アルコールでは不可能なノロウィルス等の芽包菌が殺菌可能
  • 次亜塩素酸ソーダの約20倍の殺菌力と約80倍の即効性を実現
  • 電解により作られる次亜塩素酸に比べ優れた効果と安定性
  • 次亜塩素酸ソーダや電解酸性水に比べ金属の腐食性が少ない
  • アルコールを含まないので無刺激で、肌荒れの心配がない
  • 空気感染、飛沫感染対策時に人体に影響なく空間噴霧が可能
  • 汚物、生ゴミ、タバコなどのハードな悪臭を瞬時に分解
  • ノロウィルスの殺菌に有効な塩素濃度1000ppmと匹敵する効果
  • 通常の消臭剤では効かない猫のマーキングにも絶大な効果

待望の小型次亜塩素酸水生成装置が完成!

高機能殺菌水生成器 HYPER GUARD

「これからの殺菌の「真」常 識」
ハイパーガード水は電解水の弱点を克服すべく開発されました。耐性を持った細菌やウィルス、悪臭に至るまで抜群な殺菌力と即効性でしっかりGUARD!

開発について

過去に水を電気分解し、人体に無害な殺菌水の生成方式が開発されましたが、生成効率(濃度・速度・量)、腐食性、メンテナンスコストなどに問題が残りました。
HYPER GUARDはそれらの問題を解消すべく新たな方式を開発し、実用性の高い「真」の殺菌水生成器を完成させました。

ハイパーガード水の特徴

  • 次亜塩素酸ソーダの約6倍の効力と約80倍の即効性を実現
  • 次亜塩素酸ソーダや電解水に比べ金属の腐食性が少ない
  • アルコールでは効かない手強いノロウィルス、芽苞菌を除菌
  • アルコール成分を含まないので火災や手荒れの心配が不要
  • 電解水に比べ高い安定性と安全性、経済性、汎用性を実現
  • 人体に安全な空間除菌が可能なため、空気感染対策に有望
  • 汚物、腐敗、ニコチン臭などのハードな悪臭を瞬時に分解

生命から学んだ殺菌法

免疫を司る白血球は、体内に細菌が侵入すると自らHOClという特殊な殺菌物質を産生し、それを武器として通常の殺菌剤では破壊できない細菌の防御膜を透過し、細胞核を破壊します。
HYPER GUADはこのような理想的な生命の殺菌メカニズムを応用し、強力かつ安全な「生体と同じ殺菌成分」の合成に成功し、製品化を実現しました。

殺菌方法の比較

従来式 1950年~
電気分解式 2002年~
従来式に比べ 殺菌の質と安全性が向上
混合式 2006年~
電気分解式に比べ
殺菌の質と安全性と経済性が向上

次亜塩素酸ソーダ
(ph8.2 濃度200ppm未満)

強酸性電解水(ph2.7 生成濃度60ppm未満)
微酸性電解水(ph6.5 生成濃度30ppm未満)

弱酸性次亜水(ph6.5 最大生成濃度200ppm未満)
HYPER GUARD

成分が残留し殺菌時に食材を傷め易くすすぎコスト、環境負荷が大。 有機物に触れると水にもどる特性があり、成分が残留しずらくデリケートな生鮮品でも食材を傷めない。
また、すすぎコストが大幅に軽減でき、浄化槽や排水に負荷が少なく環境に悪影響を及ぼす心配が無い。
薬量に比べ殺菌力、即効性が低い。 殺菌力と即効性が高い。ただし水を電気で分解するため生成効率、生成濃度が低く、総合的な殺菌力と汎用性が低い。 殺菌力、即効性が高い。更に生成効率、生成濃度が高いため、汚染度の高い食材に対しても殺菌力をしっかり発揮。総合的な殺菌力と汎用性が高い。
設備、器具などを腐食させる。 強酸性なので腐食性が極めて強い。(強酸性水) 弱酸性なので腐食性が極めて弱い。
空間の殺菌は有害な為、厳禁。 ガス化し易く空間噴霧での殺菌効果が低い。 安定性が高く空間噴霧での殺菌効果が高い。(有人可)
希釈するだけなので機械が不要。 部品の消耗が早く維持管理費が高い。 シンプルな構造で耐久性に優れ、維持管理費が安い。

ハイパーガード水の優れた4つの特長

ハイパーガード水は理想的な殺菌剤です。

  • 01

    優れた殺菌力

    図は次亜塩素酸ソーダを基準に殺菌力を比較しグラフ化したものです。HYPER GUARDは、カンジタ菌を殺菌するにあたり約230倍の殺菌力を示し、また大腸菌においては約80倍もの即効性を示しました。

  • 02

    優れた安全性

    図は水道水を基準に安全性と殺菌力を比較しグラフ化したものです。水道水は極めて安全性が高いものの殺菌力が低く、医療現場で使用されるグルタラールは極めて殺菌力が高いものの毒性が高いことが分ります。
    HYPER GUARDは、その水の安全性とグルタラールの殺菌力の両方の長所を兼ね備えた極めて理想的な殺菌物質です。

  • 03

    優れた汎用性

    図は様々な殺菌剤における長所、短所を比較しグラフ化したものです。
    HYPER GUARDは手指や粘膜に悪い影響を与えることなく、また芽胞化して熱や殺菌剤などに対し強い耐性をもった菌群に対しても幅広く効力を発揮します。

  • 04

    優れた経済性

    図はグルタラールを基準にコストを比較しグラフ化したものです。
    HYPER GUARDは極めて高い殺菌力を誇るグルタラールと同等の殺菌力を持ちながらも、安全かつ圧倒的な経済性を実現致しました。

ハイパーガード水の用途

ハイパーガード水は様々な場所・様々な用途で使用されています。

1感染予防対策

HYPER GUARDは一般殺菌剤(アルコール、次亜塩素酸ソーダ等)に比べウィルス、細菌に対し低濃度で除菌が行えるため、デリケートな治療器具、用具などの消毒に最適です。また、人や動物の生活をする空間内で健康に悪影響を及ぼすことなく空間除菌が可能ですので、対応がが難しかった空気感染対策にお薦めです。

2食中毒予防対策

HYPER GUARDは低能濃度で殺菌を行うため、食品の鮮度や味を損なうことなく一般細菌から手強い芽苞菌に至るまで効果を発揮します。 また除菌後は、速やかに水に分解する特性があるため、残留する薬臭、成分のすすぎが大幅に 軽減し、同時に有害なトリハロメタンの発生や、機器などの腐食、排水設備等に悪影響もありません。

3悪臭・喫煙対策

HYPER GUARDは 喫 煙によるニコチン臭や腐敗臭、し尿臭に至るまで、臭い成分を化学的に分解し、パワフルに除菌、消臭を 行います。
また常に発生する臭気に対し長時間、人や動物のいる空間に連続的に噴霧しても生体に悪影響 を及ぼさないため幼稚園から介護施設、病院にいたるまで安心してご使用が頂けます。

殺菌剤の有効性の比較

沖縄・害虫駆除・衛生管理・殺菌・除菌・消臭 | 株式会社南日本化学

通話無料。多機能殺菌洗浄ハイパーガードに関する内容、
害虫でお困りの方はお気軽にお電話ください。

0120-13-9292

沖縄県浦添市港川2-23-16 TEL:098-870-0669 FAX:098-874-3848

CONTACT FORM メールフォーム

必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須認証

スパムメール対策の為に「南日本化学」と入力をお願いします。
必須お問い合わせ

(必須)は必須項目です。※お問い合わせフォームの必須項目をご記入の上、送信をお願いいたします。

個人情報保護方針・プライバシーポリシー

南日本化学(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、 全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理

当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的

お客さまからお預かりした個人情報は、当社からの連絡や業務の案内、ご質問に対する回答として、電子メールや資料の送付に利用いたします。

個人情報の第三者への開示・提供の禁止

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • ・お客さまの同意がある場合
  • ・お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
  • ・法令に基づき開示することが必要である場合
個人情報の安全対策

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。